日本史A 分析コメント


現行課程の特徴であり昨年みられた「現代の諸問題に着目して考察させる」という姿勢が弱まった。

例年通り、地図・統計を用いた問題はみられたが、図版を用いた問題はみられなかった。漫画・アニメの図版などが用いられていた昨年度に比べると、バラエティに乏しい出題となった。
昨年同様、幕末からは幕末政治史・「日米修好通商条約―新潟」「政事総裁職」など複数問が出題された。近世後期からも「緒方洪庵―適塾」「蛮社の獄」が問われた。

難易度 やや易化
ハワイ移民やスポーツ・運動など受験生にとってなじみの薄い事項も出題されたが、標準的な問題が大半で、昨年に比べ史料・統計の読み取りも難しくなかった。
出題分量
大問数は5題、マーク数は32で、昨年同様だった。
出題傾向分析
第1問は、例年通り、会話文を用いた問題。日本史Bとの共通問題も昨年と同じ。
時代では、昨年減少した大正・昭和戦前が微増し、明治がやや減少した。
出題された最も古い時期は蛮社の獄、最も新しい時期はNTT(日本電信電話公社)の民営化であった。
分野では、社会経済が減少し、外交が増加した。
2018年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数
1 紙幣から見た近現代の日本 20 6
2 幕末から明治維新にかけての軍制改革と西洋医学 12 4
3 近世後期から近代における言論活動・表現活動 19 6
4 石橋湛山の人物史 24 8
5 近現代の流通業 25 8
合計 100 32
2017年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数
1 近現代の「妖怪」をめぐる総合問題 20 6
2 幕末から明治期の大坂(大阪) 12 4
3 三島通庸の人物史 19 6
4 近現代の公園をめぐる歴史 24 8
5 昭和期の経済・社会 25 8
合計 100 32
2018年度設問別分析コメント
第1問 高校の先生と生徒の会話文による問題。Aでは、現代の紙幣に描かれている肖像画の人物をとりあげ、明治時代の教育や太平洋と日本との結びつきなどを問うている。Bでは、松方財政における日本銀行の設立をとりあげ、士族反乱や金融緊急措置令について問うている。問5では西南日本の地図、問6では史料の読み取り問題が出題された。問2Yのハワイ移民については判断が難しかったかもしれないが、全体には標準的なレベルの問題である。
第2問 幕末から明治維新にかけての軍制改革と西洋医学との関係をテーマとした問題文を用い、当該期の政治を中心に問うている。問2の選択肢1は阿部正弘が事態を朝廷に報告し、諸大名らにも意見を求めたことをもって「幕府の独断」を誤りとしているのだろうが、最終的には幕府が締結を決めているので、受験生は判断に迷ったであろう。問3の年代配列問題は、19世紀の西洋医学という受験生にはなじみの薄いテーマであったが、IIIを明治初期と判断できれば正解できる。全体には標準的なレベルの問題である。<日本史Bの第5問と共通問題>
第3問 近世後期から戦後(1950年代)までの言論・表現活動をテーマとする問題。Aでは、蛮社の獄・共和演説事件・内地雑居問題など言論による政治批判・社会問題をとりあげ、江戸後期から明治期の政治・社会状況を問うている。Bでは、SF小説や映画などのフィクションをとりあげ、幕末から戦後の外交・文化などを問うている。問5では二十一か条要求に関する外国新聞の史料の読み取り問題が出題された。全体的には標準的なレベルの問題である。
第4問 戦前はジャーナリスト、戦後は主に政治家として活躍した石橋湛山の人物史を素材とし、近現代を総合的に問うている。Aでは大正デモクラシーの風潮の中での活躍をとりあげ、大正時代の思想状況や国際情勢を、Bではデモクラシーが退潮していく中での活動をとりあげ、近現代の思想・言論統制や文化などを、Cでは戦後の活動をとりあげ、戦後の政治・外交を問うている。問5では戦中・戦後の文化を問う問題が、問8では史料の読みとりを含む問題が出題された。全体的には、標準的なレベルの問題である。<日本史Bの第6問と共通問題>
第5問 近現代日本の流通業をテーマとし、一般の商業者から百貨店・公設市場へ、さらにスーパーマーケットの台頭など流通業の変化をとりあげている。Aでは農村・農業、交通機関・運送業、米騒動、Bでは戦時統制や新旧憲法の制定・内容、Cでは中曽根内閣の施策や近現代のスポーツなどを問うている。問6では「世帯消費支出額に占める購入先別の構成比」の統計資料の読み取り問題が出題された。問8のスポーツ・運動については詳細で、受験生の学習が及びにくいテーマでもあり難しい。全体には標準的なレベルの問題である。
過去の平均点の推移
13年度 14年度 15年度 16年度 17年度
41.6 47.7 45.6 40.8 37.5
閉じる

Copyright Kawaijuku Educational Institution.