生物 分析コメント


思考力や文章読解力を要求する問題が増えた。

生物の知識だけでなく、問題文で与えられた条件などをもとにして考えるような問題や、パズル的な要素が強い問題が多かった。

難易度 昨年並み
考察問題における実験条件の設定などが昨年の問題に比べてやや複雑なものが多かったが、選択肢数の少ない小問が多かった。
出題分量
図表の数は減ったが、マーク数は増えた。また、文章選択肢の総行数が大幅に増えたため、全体的な文章量が昨年に比べて増加した。
出題傾向分析
「生命現象と物質」、「生殖と発生」、「生物の環境応答」、「生態と環境」、「生物の進化と系統」の5分野から幅広く出題されていたが、昨年同様、「生物の進化と系統」の分野からの出題が多かった。
2017年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 生命現象と物質 18 3 A タンパク質
3 B 遺伝子
2 生殖と発生 18 3 A 動物の発生
4 B 重複受精・遺伝
3 生物の環境応答 18 3 A 神経
3 B 種子発芽
4 生態と環境 18 3 A 種間関係
3 B 種間関係・生物の多様性
5 生物の進化と系統 18 3 A 生物の変遷・動物の系統
3 B 集団遺伝
6 生命現象と物質 10 3 遠心分離技術
7 生物の環境応答
生物の進化と系統
10 4 動物の行動・動物の系統
合計 100    
2016年度フレーム
大問 分野 配点 マーク数 テーマ
1 生命現象と物質 18 3 A 酵素
3 B 細胞
2 生殖と発生 18 3 A 動物の発生
3 B 配偶子形成と受精
3 生物の環境応答 18 3 A 受容器・神経系
3 B 植物ホルモン
4 生態と環境 18 2 A 個体群・種間関係
3 B 種間関係・適応
5 生物の進化と系統 18 3 A 進化のしくみ
3 B 生物の変遷
6 生命現象と物質
生物の環境応答
10 3 イネ科植物の栽培と利用
7 生態と環境
生物の進化と系統
10 3 社会性昆虫の行動と進化
合計 100 32  
2017年度設問別分析コメント
第1問 Aはタンパク質の構造と機能に関する知識問題、Bは真核生物の転写調節に関する知識問題と考察問題であった。問5は転写調節に関して図を選ぶ形式の考察問題であったが、問題文中の情報を整理して考えれば難しくはない。問5以外はすべて標準的な知識問題であり、教科書レベルの知識をしっかりと身につけておくことが重要である。
第2問 Aは動物の発生に関する知識問題と考察問題、Bは被子植物の配偶子形成と重複受精に関する知識問題と考察問題であった。問5は、胚乳の遺伝を題材とした問題であり、一般的な遺伝の問題で扱う胚の遺伝子型ではなく、胚乳の遺伝子型を考える必要があったため、多くの受験生にとっては解きにくかったと思われる。いろいろなパターンの遺伝の問題に慣れておこう。
第3問 Aは神経系と興奮の伝導と伝達に関する知識問題、Bはフィトクロムと光発芽種子に関する知識問題と考察問題であった。問5と問6は、光発芽種子の発芽とフィトクロムの関係に関する知識をもとに考察する問題であった。教科書の内容を理解するだけでなく、問題演習を積み重ねておこう。
第4問 Aは種間関係に関する考察問題、Bは種間競争、および撹乱に関する知識問題と考察問題であった。問5は考察問題であるが、中規模撹乱説を知っていれば知識で解くことができた。
第5問 Aは生物の変遷と動物の系統に関する知識問題と考察問題、Bは集団遺伝に関する知識問題と考察問題であった。昨年と同様、生物の変遷に関する詳細な知識が要求された。また、遺伝子頻度を求める計算問題が出題された。教科書の内容をしっかり学習するとともに、計算問題の演習を行おう。
第6問 遠心分離技術を用いたDNAの半保存的複製の実験や、細胞分画法の実験に関する問題であった。問2では、密度から試験管の底からの位置を読み取り、細胞小器官のはたらきの知識と組み合わせて考える必要があった。
第7問 海岸での生物観察に関する会話文をもとにした、動物の行動と動物の系統に関する知識問題であった。アマモが被子植物であることは問題文中に書かれており、それ以外の生物はいずれも各分類群の代表的な生物例であったため、すべて標準的な知識で解くことができた。
過去の平均点の推移
15年度 16年度
55.0 63.6
閉じる

Copyright Kawaijuku Educational Institution.